不動産担保ローンの使い道は?

不動産担保ローンを利用したのは、住宅を購入するときです

不動産担保ローンを利用したのは、意外かもしれませんが住宅を購入するときです。
住宅購入時には住宅ローンを利用するのが一般的ですが、注文住宅でしたので建物が完成するまでは借りられませんでした。
すでに土地をもっていたので、それを担保にして借金をしました。
「つなぎ融資」を利用するのが一般的だと思いますが、金利はわずかに不動産担保ローンのほうが有利でした。
審査の結果にもよるのでどちらのほうがメリットがあるのかは一概には言えませんが、両方審査を受けてみて比較するのがいいです。
「つなぎ融資」は手数料もそれなりにかかることがデメリットです。
金利だけでなく手数料などのかかるコストを総合的に比較しましょう。
建物が完成した後は住宅ローンが利用できるので、着工金と中間金の分だけを借りたら十分です。
すでに土地を持っており、建物の購入費だけでしたので1,000万円以内に抑えることができました。
そして、建物が完成した後は住宅ローンに借り換えをすることが可能です。
不動産担保ローンは金利2.0%、住宅ローンは金利1.0%というように後者のほうが金利は良いので(金利は目安です)、ぜひ借り換えをしましょう。

全国対応の不動産担保ローンを取り扱っております。

抵当順位は問わず、共有持分のみ、借地権、底地、調整区域、再建築
不可物件など、あらゆる不動産を融資対象としております。

https://t.co/HVHVatVKPS https://t.co/ZZmZu3dRXp

— ☆オススメ商品紹介処☆ (@syouhin00) 2018年10月27日

不動産担保ローンを利用したのは、住宅を購入するときです土地を持っているというだけで、とても有利な金利で借金ができる手数料がかかることはデメリット