不動産担保ローンの使い道は?

手数料がかかることはデメリット

不動産担保ローンを利用したのは、住宅を購入するときです土地を持っているというだけで、とても有利な金利で借金ができる手数料がかかることはデメリット不動産担保ローンでお金を借りました。

銀行によっては9割の900万円を借りることも可能かもしれません。
建物は消耗品なのに対して、土地は価値が変わりにくいので有利です。
すでに抵当権がついていても、価値のほうが上回っているなら2番目の抵当権を設定できます。
例えば、1,000万円の土地に500万円の借金について抵当権がついていたとしても500万円分は余裕がありますので、その分を担保にしてお金を借りられるというわけです。
ある意味で一番重要なのは個人信用情報となるでしょう。
いくら収入に余裕があっても、過去に自己破産などをしている人は信用がありません。
一度借金を踏み倒した人は、また同じことを繰り返す可能性があるからです。
自己破産をしていなくてもクレジットカードの支払いなどで延滞を繰り返している人も信用が下がります。
担保があると審査で有利にはなるものの、審査に100%通るというわけではないのです。
逆の立場で考えると、いくら過去に自己破産をしていても100万円の価値があるものを担保に入れてくれたら80万円くらいは貸すと思うのですが、銀行はそのあたり厳しいようですね。
デメリットとしては手続きに手間がかかるということでしょう。
現地調査も行われるので1か月程度は見ておく必要があります。
カードローンと比べて金利ははるかに有利ですが、手数料がかかることはデメリットです。
そのため、数十万円の少額融資を受けることには向いていません。
金利が低いとただちにメリットがあるというわけではないということですね。